15%の利子の話

100万円を金利15%で10年後に返したときの総額は4,038,618円です。ちょっと極端な話ですが、100万円借りて9年間1円も払わずに10年後に一括で返した場合はこの金額になります。
実際は月々の返済額があるので、元本が減れば返済額が少なくなります。何事も一括で払えば借金をしなくてすみます。
借金の総支払額を了承の上で皆さん借金をしているのです。目の前の欲しいものが借金の総支払額に勝ってしまうのです。
借金をするということは悪いことではありませんし、信用があるから借金ができるわけで、借りたお金は必ず返さなければいけません。
借りる金額も計画的に月々で返済できる範囲で借りましょう。
利息は、銀行などの利益ですから、ローンを組んだ時から欲しいものを手に入れた代わりに銀行のために働いているということなのです。念願のマイホームを購入する人の多くは低金利な住宅ローンで夢をかなえています。

 

15%利子個人向け融資トップページに戻る